人気ブログランキング |

<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

梅雨の合間の富士山

SONYのα7Ⅲレンズキットで
フルサイズデビューしました!
(今後は ペンタK-3も望遠で使います)




富士山は今朝( 23日)激焼けしたのに、
近くにいながら寝坊してしまいました。
こんなんで彩雲が撮れるのだろうか😭




これは6/22の朝 ↓
e0376691_12455812.jpeg
焼けるかと思ったら雲が無くなった。
もっと赤が濃かった。

K-3ではHDRをよく使ってたけどSONYではまだ。
なーんとSONYさん、HDRはjpegしか使えないらしい。
かなりガッカリはじめてショック受けた。

彩雲ならず ↓ コレはK-3
e0376691_22510950.jpeg



ラベンダーはSONY ↓ 6/22
e0376691_22501683.jpeg





e0376691_22495406.jpeg





e0376691_22493063.jpeg
雲がキレイだった。




SONYすげー
ペンタの時のスマホ転送は、RAW→jpeg現像
→ワイハイカードを入れてコピー
→スマホアプリ起動
→スマホワイハイペンタ設定
→アプリから画像を開く
→スマホへコピー保存
なかなか電波弱いとコピーに時間かかるし
出来ない時もある
一つ一つ手間かかるし

今や、
スマホアプリ起動
→カメラ本体で送りたいRAW画像開く
→カメラ画面上の地球マークぽち
→カメラ画面上のスマホ転送ぽち
→カメラ画面上のこの画像ぽち
それだけでスマホへコピー完了。
めちゃくちゃ早い。
ワイハイカードもQRコードも要らない、びっくり



💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜💜

以下 iPhone ↓

6/23

富士川SA楽座で紅陽会の写真展を鑑賞。
岡田紅陽氏の作品もあった。
〜 7/ 1まで
e0376691_22513865.jpeg



e0376691_22515643.jpeg




☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️


その後、静岡県庁 21F で
桜の入賞作品を観てきた。
e0376691_22583602.jpeg






e0376691_23251683.jpeg





e0376691_23265429.jpeg





e0376691_23260931.jpeg
6/23




みんな上手いな。
〜7/ 8まで



明日( 24日)朝、もし焼けたらショックで立ち直れん。
焼けないハズだけど。

まだ帰り道、もうすぐおうちだ😁


by mallumo_toy-toy | 2018-06-24 00:10 | ★富士山麓★

ティアラ

e0376691_02303663.jpeg
6/3 朝
剣ヶ峰『ティアラ』が撮れた。るるるん ♪
✨👑✨
Sadaフィルター使用。

☀️🌤🌤🌤🌤🌤🌤🌤🌤🌤🌤🌤🌤🌤☀️
焼けそうに思って夜、山麓に向かいましたが。
焼けなかった。朝焼けポイントは
寄らずにダイヤポイントへ直接向かった。
✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
☀️
Sadaフィルター使って
ティアラを撮りたいな。
常連さんの
Sada氏かY夫妻が来たらいいな。
と、
だいたいのポイントで厚かましい数人で
待っていた。← 他力本願どうなん

いよいよ
ベテランY夫妻が来られたから
よっしゃ💪
ピンポイントへ
100メートル位動いて
ティアラ撮りに参加させてもらった。
7人いた。

手前に雲が有って
黒い影が出た。

結果1番右端で撮った私だけが
右端の小さいダイヤが写っていた。
こんな事もあるもんだ。

あの朝は単純に喜んでいたけど


もっと右から撮ってれば、もっとダイヤが
増えるみたいだ。
e0376691_18530334.jpeg
↑コレはsadaフィルターを作ってる
Sada氏が撮ったティアラです。
( 5/27 )
ダイヤがいっぱい段違い

✨✨✨✨👑✨✨✨✨


わたしのは ↓ 拡大
e0376691_18423324.jpeg
ぜんぜん別もの😱
フィルターも違う。

しかし私のレンズで
撮れる気が全くしなかったので
これでも満足している。

🌅🌅🌅🌅🌅🌅🌅🌅🌅🌅🌅🌅🌅🌅

夕方は焼け狙いで山中湖へ行って
撃沈してホタル撮りに行ったけど✨
迷ってウロウロして
着いたら富士山隠れてしまった😱

で、帰りに
長崎の皿うどんを食べて紛らわした。
💛リンガーハットの皿うどんは2回目💛
福井県にないから尚更美味しく思う。

by mallumo_toy-toy | 2018-06-11 22:51 | ★富士山麓★

FC-2ブログから引っ越しました。旧ブログは http://mallmo.blog101.fc2.com


by まるも